2006年10月24日

主な検査結果。

【精液検査】

2008/2/12(精液検査)
量…2.6ml
数…2700万
運動率…51.8%
奇形率…22.2%
直進率…12.5%

2008/3/21(AIH1回目)
量…4.0ml
数…2600万→洗浄濃縮後1億1000万
運動率…50.0%→洗浄濃縮後74.5%
奇形率…30.7%
直進率…26.9%

2008/6/4(AIH2回目)
量…2.2ml
数…2900万→洗浄濃縮後5100万
運動率…62.0%→洗浄濃縮後66.6%
奇形率…27.5%
直進率…17.2%

2008/7/5(AIH3回目)
量…2.8ml
数…5300万→洗浄濃縮後1億7400万
運動率…47.2%→洗浄濃縮後76.4%
奇形率…24.5%
直進率…24.5%

2008/8/2(AIH4回目)
量…3.0ml
数…3300万→洗浄濃縮後1億3500万
運動率…42.4%→洗浄濃縮後79.2%
奇形率…27.2%
直進率…12.1%

2008/9/20(AIH5回目)
量…1.4ml
数…4000万→洗浄濃縮後6200万
運動率…38.2%→洗浄濃縮後79.0%
奇形率…27.5%
直進率…12.5%

2009/02/10(AIH6回目)
禁欲…3日
量…3.0ml
数…2400万→洗浄濃縮後2700万
運動率…54.1%→洗浄濃縮後62.9%
奇形率…33.3%
直進率…20.8%

【フーナーテスト】
2008/2月
21/30
全く異常のない数値。

【抗精子抗体検査】
2008/10月
精子不動化抗体SIV値=1.08

【LH-RHテスト】
2008/10月
LH (前)5.7mIU/ml (30分後)3.0mIU/ml
FSH (前)8.6mIU/ml (30分後)16.1mIU/ml
LH/FSH比=0.66
多少多嚢胞性卵巣症候群傾向?
posted by なつ at 01:00| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療履歴5(市民病院)

体外受精を引き受けてくれる病院を探して市民病院へ…。

【2008/12/24〜2009/01/24(32日周期)】

2日目 市民病院受診(クロミッド、ナサニール処方)
※ナサニールは体外受精をすることが決まったら、使用指示。
5日目〜クロミッド1日2錠×5日間。(9日目まで)
16日目 卵胞チェック
 卵胞確認できず。右卵巣50mmに腫れている。(原因不明)
 1週間様子を見る。
23日目 体外受精の説明面談、卵胞チェック
 卵胞確認できず。右卵巣42mm。
 2週間様子見の指示。
24日目 様子見の指示に納得できなくて、セカンドオピニオンとして以前通っていたレディースクリニックMへ。
プロゲホルモン、プロゲストンデポーを打って強制リセットへ。


この病院は、あまり積極的に生殖医療をしているわけではないようでした。
総合病院だけあって、あまりの融通の効かなさに通えないと判断
わずか1周期の通院でした。

≪融通の利かなさの例≫・採卵は月〜水の14:00〜のみ。
・月〜水に採卵できるように卵胞の成長具合を薬でコントロールするためか、生殖医療に力を入れている病院と比べて成功率に劣る。
・採卵の36時間前にhCG注射が必要→夜中の2時に総合病院の緊急救命センターで注射。
posted by なつ at 00:05| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療履歴4(レディースクリニックNへ転院)

※県内で不妊治療で有名な産婦人科、N病院の分院のレディースクリニックSへ転院

【2008/10/7〜2008/11/5(30日周期)】
≪びらん凍結療法≫
8日目びらん凍結療法後の洗浄1回目
 カウフマン療法開始(プレマリン)
12日目洗浄2回目
15日目洗浄3回目 血混じりのオリモノ
16日目不正出血
17日目洗浄4回目 不正出血
18日目生理と同じぐらいかそれ以上の量の不正出血
19日目不正出血 カウフマン療法後半開始(プレマリン+プロゲストン)
20日目不正出血
22日目洗浄5回目
25日目洗浄6回目
29日目洗浄7回目

【2008/11/6〜2008/12/23(48日周期)】
5日目からクロミッド1日1錠×5日間。
卵胞が育たず、26日目プロゲストン5mg×5日間服用してもリセットされず。
42日目、プロゲホルモンの注射1本。
48日目、ようやくリセット。


※この病院で体外受精を…と思っていましたが、持病の関係で侵襲性の手技である体外受精は産婦人科しかない病院ではリスクが高いと言うことで、受け入れていただけませんでした。
循環器系内科や脳神経外科、麻酔科のある総合病院への転院を進められ、改めて病院探しをすることに…。
posted by なつ at 00:04| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療履歴3(排卵誘発+AIH)

【2008/3/7〜2008/4/1(26日周期)高温期11日間】
生理周期3日目〜クロミッド1日2錠×5日間。
8日目、10日目hMG。
13日目卵胞チェック→右3個22.5mm、17.5mm、20.5mm、左2個17.1mm、12.5mm、内膜8.4mm。23時頃ブセレキュアで排卵を促す。
15日目。AIH(1回目)
18日目(高温期2日目)からルトラール1日1錠×7日間。

【2008/4/2〜2008/4/15(14日周期)】
生理周期2日目。出血があるのに体温は高温維持。
内診の結果、右14.9mm、左45.0mm×28.0mm(2個重なっている)の影。
生理周期5日目からプラノバール1日1錠×14日間で生理を起こすつもりが、胸焼け・吐き気・偏頭痛…などの副作用でプラノバール中止、生理周期10日目に黄体ホルモンと卵胞ホルモンの注射を1本ずつ打つ→6日後リセット。

【2008/4/16〜2008/5/17(32日周期)】
クロミッドを長期間使っているので、今回は生理周期3日目からセキソビット1回2錠×3回(1日6錠)×5日間。
6日目〜12日目不正出血。
15日目卵胞チェック→スモール、内膜6.2mm。セキソビット1日2錠×5日間追加で二段階療法。
22日目卵胞チェック→育たず。
ルトラールとプレマリン1日2回×7日間で生理を起こさせる。

【2008/5/18〜2008/6/16(30日周期)高温期12日間】
生理周期5日目からクロミッド1日2錠×5日間、プレマリン1日2錠か×14日間。
10日目卵胞チェック→右11.6mm、hMG
16日目卵胞チェック→右25.7mm、内膜9.9mm
17日目0時ブセレキュアで排卵を促す。
18日目AIH(2回目)hCG(1本目)
20日目からルトラール1日2錠×7日間。
20日目hCG(2本目)

【2008/6/17〜2008/7/16(30日周期)高温期11日間】
生理周期5日目からクロミッド1日2錠×5日間。
12日目卵胞チェック→右スモール2個、左1個10mm、内膜5.7mm、hMG(1本目)
内膜が薄いのでプレマリン1日2錠×7日間。
15日目卵胞チェック→右16.1mm、内膜7.0mm、hMG(2本目)
19日目AIH(3回目)
22日目からルトラール1日2錠×7日間。

【2008/7/17〜2008/8/11(26日周期)高温期9日間】
生理周期3日目からクロミッド1日2錠×5日間。
8日目hMG(1本目)、10日目hMG(2本目)、12日目hMG(3本目)。
14日目卵胞チェック→右18.1mm、17.3mm、左15.4mm、16.9mm、その他小さいのがいくつか、内膜7.9mm。hMG(4本目)
15日目卵胞チェック→右17.3mm、21.2mm、左19.2mm、18.5mm、内膜10.6mm、hMG(5本目)、23時頃、ブセレキュア。
17日目AIH(4回目)
卵胞チェック→右20.4mm、22.6mm、左16.9mm、22.6mm、内膜12.0mm。
hCG、プロゲステロトンデポー。

【2008/9/2〜2008/10/6(35日周期)高温期16日間】
生理周期3日目からクロミッド1日2錠×5日間。
8日目hMG(1本目)、10日目hMG(2本目)、11日目hMG(3本目)、15日目hMG(4本目)。
16日目卵胞チェック→右17.0mm、12.8mm、左13.1mm、12.2mm、小さいのも合わせると左右で7〜8個、内膜9.0mm、hMG(5本目)
17日目hMG(6本目)
18日目卵胞チェック→右21.1mm、19.3mm、左は右より小さくて計測せず、左右大小合わせて10個以上、内膜10.6mm。排卵を促すためにhCG。
19日目AIH(5回目)
21日目プロゲステロン1本目、プロゲステロトンデポー1本目
23日目プロゲステロン2本目
25日目プロゲステロン3本目、プロゲステロトンデポー2本目
28日目プロゲステロン4本目
30日目プロゲステロン5本目、プロゲステロトンデポー3本目
29日目から不正出血。
posted by なつ at 00:03| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療履歴2(排卵誘発+タイミング指導)

【2006/10月〜2007/7月】
タイミング指導。

【2007/7/23〜2008/8/21(30日周期)】
クロミッド、タイミング、ルトラール

【2007/8/22〜2007/9/21(31日周期)】
クロミッド、hMG、hCG、ルトラール

【2007/9/22〜2007/11/6(46日周期)】
クロミッド(生理周期3日目から1日2錠×5日間)、内診の結果自然排卵するだろうとの診断で自然に任せたら無排卵、ルトラールとプレマリンで強制的に生理を起こさせる。

【2007/11/7〜2007/12/9(33日周期)高温期14日間】
クロミッド(生理周期5日目から1日2錠×5日間)、hMG2本(11日目、13日目)、自然排卵(生理周期18日目)、タイミング、ルトラール
左5個、右3個の卵胞確認、卵巣右40.7mm、左47.1mmに腫れる。

【2007/12/10〜2007/12/25(16日周期)】
前回排卵し切れなかった卵胞が右3個、左1個残ったまま。
→生理周期5日目からプラノバール1日1錠×10日間で強制的に生理を起こさせる。

【2007/12/26〜2008/2/3(40日周期)高温期12日間】
風邪と年末年始でクロミッドを貰いに行けず。生理周期16日目に受診、卵胞チェック11〜12mm。
生理周期16日目からクロミッド1日1錠×5日間。
23日目卵胞チェック。右18.8mm、左16.1mm×2、10.2mm、内膜7.9mm。HMG。
28日目卵胞チェック。大きいもの右2個左2個(18mm、23mm、25mm、25.9mm)、内膜11.0mm。ブセレキュアで排卵を促す。
30日目(高温期2日目)からルトラール1日1錠×7日間。

【2008/2/4〜2008/3/6(32日周期)】
生理周期3日目〜クロミッド1日2錠×5日間。
15日目、卵胞チェック→スモール(計測せず)、クロミッド1日1錠×5日間追加でクロミッド二段階療法。
22日目、卵胞チェック→12.8mm、内膜5.8mm→プラノバール1日1錠×7日間で強制的に生理を起こす。
posted by なつ at 00:02| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療履歴1(初経〜結婚まで)

初経…14歳
既往歴…心臓病(心室中核欠損症、11歳で手術)、軽いてんかん

【初経〜高校時代(14〜18歳)】
初経14歳。
生理不順。頻発月経(2週間おき)、稀発月経(3ヵ月生理が来ない)など。

【大学時代(18〜22歳)】(※主にKレディースクリニック)
生理不順が続いていたので病院へ。
子宮発達不全(28mm?)、多嚢胞性卵巣症候群。中容量ピルで生理周期を整える。

【社会人〜結婚(22〜24歳)】(※レディースクリニックM)
高プロラクチン血症→現在は安定
2006年10月結婚。
posted by なつ at 00:01| Comment(0) | 治療履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。