2009年01月30日

来週は忙しい…。

生理周期6日目。
今朝の体温36.75℃。

今日は循環器の病院に診断書をもう一度出してもらう予定で、病院に行くことになっていたんだけど、朝病院から電話があって、担当医が急用で欠勤になったとかで、来週の火曜日に延期です。

脳外の方は、先生の診察はいらないみたいなんだけど(循環器と同じ病院なのに…。)、書き上がったものを取りに行かないと行けなくて、それが来週の金曜日。
循環器と同じ日だとありがたかったんだけどなぁ。
しかも、前回無料で出ていた診断書と同じものを頼んだんだけど、今回はお金がかかるんだとか。
違いがよ〜わからん。2回目だから???

月曜日はhMG1本目だし。
今周期はどうするんだろうな〜。hMG1〜2日おきかな〜。
あぁ、めんどくさい。

でも、とりあえず来週中には循環器と脳外の診断書が取れそうです。

なつの予想としては、

2/2月(9日目) hMG1本目
3火(10日目) 循環器受診(即日診断書がもらえるかも?)
4水(11日目) hMG2本目
5木(12日目)
6金(13日目) hMG3本目 脳外で診断書受け取り
7土(14日目)
8日(15日目)
9月(16日目) 卵胞チェック hMG4本目
10火(17日目) 23時頃にブセレキュア(点鼻薬)で排卵を促す(36h後に排卵予定)
11水・祝(18日目) 
12木(19日目) 6回目AIH、高温期サポートのhCG

それから、高温期にhCGか高温期サポートのプロゲホルモンとプロゲストンデポーを数回。

…こんな感じかなぁ。
今までのAIHが15〜19日目だから、18日目に祝日が入っちゃってるのがちょっとイタイ。
本当は前日注射(hCG)で排卵促すのがいいんだろうけど、休みを挟むとしたら持ち帰りで点鼻薬かな。

ちなみに、6回目のAIH予定日の2/12は4回目の付き合いはじめ記念日(?)です。(笑)
だから…と言っちゃなんだけど、奇跡が起こらないかな〜。


そうそう。
今日は出かけたついでに、次の病院の場所の下見というか、してきました。
今までは電車で名古屋に出てたけど、今度のところは車で通うの。
家から大通りに出て真っ直ぐ行って左折して真っ直ぐ行ったら着くから行き方は簡単だし、道が空いてたら20分ぐらいで行けそう。
なかなか通いやすいところにあってよかった〜。

6回目のAIHと高温期の注射が終わったら、今の病院に紹介状を書いてもらって、リセットしたら、生理2日目くらいに新しい病院かな〜。

本音を言えば、リセットしないでAIH6回目で陽性反応見られると一番いいんだけどねー。
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

復活。

生理周期3日目。
今朝の体温、36.68℃。

今日からクロミッド開始です。

昨日、体外受精をしてくれるはずの病院からまさかのNGで、かなり落ち込んで、病院から帰る時は、人気の多い街中にも関わらず涙が溢れて止まりませんでした。
でも、コウに聞いてもらったりして落ち着いて、気持ちを切り替えました。
復活というか、体外受精にステップアップしようと決めてから早4ヶ月。
随分無駄な時間を過ごしてしまった気がするし、落ち込んでいる場合じゃないよ〜。

病院で紹介された日赤病院が今の病院から電車で行けたので、昨日雰囲気を見てきました。
愛知県の総合周産期母子医療センターがあり、改築したばかりで地下鉄の駅から直通の通路があって、とてもキレイなホテルのような病院でした。
この病院は前行った市民病院とは違って、hCGの注射は21時半〜22時頃で、通えなくもないけど、ここでも採卵は毎日ではなく…やはり融通も利きにくいです。

コウと相談した結果、利便性を優先して、個人病院のT病院にお願いしてみることにしました。
ただ、循環器と脳外のトラブルがあって、受け容れてもらえるかがわからないので、まずは問い合わせてみることに。

静脈麻酔を使っての手技が大丈夫だという循環器や脳外の診断書があれば、対応は可能ということでした。
去年の10月に同じ内容のものを他の病院宛に出してもらっているので、同じものをT病院宛でもう一度出してもらえないか、循環器と脳外の病院(循環器も脳外も同じ総合病院です)に確認したところ、その頃から既に3ヶ月経っているので、また受診(場合によっては以前と同じ検査も)しないと診断書を出せないようです。

近いうちに循環器と脳外を受診して、診断書を書いてもらって、今の病院で紹介状を書いてもらって、6回目のAIH後に転院したいと思います。


******************


気の早い話だけど、昨日見てきた日赤の病院、出産するならここもいいなぁと思いました。

総合病院で、愛知県で唯一総合周産期母子医療センターがある(総合ではなく、地域周産期母子医療センターなら他にもあるけど)病院なので、万が一の時はとても安心だし。
地域周産期母子医療センターは市民病院にもあるけど、公共交通機関で行くにはとても不便な場所だし。
それに、日赤病院はコウの実家から電車で1本(5駅くらい?)で、駅直通なので、車を持たない義両親も来てもらいやすいし。
退院した後、1ヶ月ぐらいは実家に戻ると、義両親はうちの実家までは赤ちゃん見にはなかなか来れないだろうから、入院中ぐらいは何度か見に来れる距離に…と思うし。
(まだわからないけど)多分、確実にO(旦那)家の初孫になるだろうしね。

昨日はそんなことまで考えた日でした。
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

病院へ→寝耳に水…。(><。

生理周期2日目。
今朝の体温36.72℃。

昨日リセットしたことにしました。
『しました』というのは、金曜の夜にトイレの後に拭くとう〜っすらピンクになるくらいで、土曜日の夕方から少量の出血があって、日曜、月曜も出血があるんだけど、注射でリセットさせたせいか、出血量が全然増えなくて…。
これから出血量が増えるのかどうかも???です。

ま、とりあえず病院へ行って来ました。

そこで思いもよらない話を聞くことに…。

今まで、体外受精をどこでするか散々悩んで、家の近くの市民病院は夜中に注射だし、めっちゃ融通利かなくて通いにくくて…、結局AIHした病院に舞い戻ったんだけど…。

先生の話によると、ここの病院は基本的には先生1人なんだけど、非常勤の先生がいて、その非常勤の先生になつのように循環器や脳外にトラブルを抱えている患者の手技をやすやすと受けない方がいいと助言されたようです…。

先生は、麻酔を使った手技などをして、万が一のことが起こることはまずないし、自分の経験上もないから大丈夫だと言う考えなんだけど、非常勤医師は(会ったことないけど)慎重派のようです。
非常勤医師はそういった「万が一のトラブル」に見舞われたことがあるそうで、やっぱり万全を期すなら、ここでは医師が基本1名しかいないから…と。

あらゆるリスクを承知の上で、うちで採卵などの手技をやってくれ、と言われたらやることもやぶさかではないけど、もう一度ご主人と話し合ってみて下さい、と…。

せっかくここの病院にお任せしようと思ったのに、また遠のいたわ…。

で、オススメの病院は、愛知県の総合周産期母子医療センターのある日赤病院か、個人病院でも医師が4名(3名常勤、1名非常勤)いて、手技中の急変などに備えての監視の目が複数あるI宮市のT病院か、とのことでした。

個人病院のT病院は問い合わせてみないと、ハイリスク患者の受け入れをしてくれるかどうかわからないみたいなんだけど…。

やっぱり、安全面を考えたら総合病院である日赤病院が間違いないんだろうけど、融通や利便性を考えたら絶対個人病院だし…。

また振り出しに戻っています…。

はぁ…。


とりあえず、今周期は身の振り方を考えつつ、今の病院で排卵誘発→6回目のAIHをすることにします。
明日(生理周期3日目)からクロミッド1日2錠×5日間、2/2(月)に卵胞チェック、hMGという流れになります。
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

出戻り。

生理周期24日目。
今朝の体温36.58℃。

昨日の夜、コウと体外受精の説明会について話をしました。
循環器や脳外のトラブルが心配で、総合病院を探していたけど、あまりの融通の利かなさに辟易。
採卵は月〜水だけ、14時からだから36時間前のhCGは真夜中の2時…。
ありえないよね、と。

ネットと問い合わせで大学病院を2つ調べてみたけど、採卵は火と水だけのところ、採卵が全身麻酔だから採卵2日前から管理入院のところ…。

総合病院で体外受精を受けるのは大変だなぁ…と思った。

で、結局、コウと相談した結果、万が一のトラブルよりも、利便性を取ろうと…。

前の病院が持病と麻酔のトラブルに慎重になっててうちでは出来ないって言われたけど、前の前の病院(AIH5回したところ)は持病があっても大丈夫、何かトラブルがあった時は提携病院があるから、ということで、手技が出来るので出戻ることに決めました。

久し振りにちょっとキマズイ思いもしながら行ったんだけど、スタッフ一同、笑顔で迎えてくれました。
「元気そうだね?」「風邪引いてない?」とか、たわいもないことなんだけど声をかけてくれて、なんかほっとする〜。
先生に会って、市民病院どうしたの〜?と聞かれて、↑のことを言ったら、出戻りを歓迎してくれました。(笑)

卵巣の腫れについても、16日目に卵胞チェックで行ったら50mmに腫れていて、1週間後の昨日行ったら42mmだったと伝えて、低温期をひた走ってる基礎体温表を見せたら、一度生理起こした方がいいよと。
なつと同じ考えでした。
市民病院の先生はあと2週間何もせず様子をみる方針だったことも伝えたけど、「特に様子見る理由もない」ということで、市民病院の2週間後の予約はキャンセルして、もう市民病院には行かないことにしました。

で、生理を起こすために薬か注射か…なんだけど、薬より注射の方が確実なので、注射にしました。
プロゲホルモンとプロゲストンデポー1本ずつ。
10日前後でリセットで、リセットしたら生理周期2日目頃受診です。

ここの病院は日祝祭日以外なら、患者の都合や卵胞の育ち具合に応じて臨機応変に採卵してくれるし、体外受精の説明会も土曜日にやってくれる場合もあるから、平日に休みを取ることが難しいコウと受けることもできそうだし。

病院選びであちこち迷ったけど、もう迷わずにここの病院を信じて、赤ちゃんがやって来てくれるのを待とうと思います☆
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

総合病院へ→面談・内診

生理周期23日目、今朝の体温36.34℃。

※いつものことですが、かなりグジグジ言ってます。


総合病院へ行ってきました。

まずは9時から体外受精コーディネーターの方と面談。
例の不審な電話の主です。(笑)
とっても話しやすい方(女性)でした。

体外受精の説明を受けるのはこれで3病院目。(苦笑)
最初のところはAIHを5回した病院で本当に体外をすることになったら、1時間程度かけて説明をしますと言われて、とりあえず資料をもらっただけ。
2つ目のところは、不妊治療を専門にしている前の病院で、でも体外するなら総合病院の方が…と言われて、説明は受けたけど、体外に至らず。

3度目の正直になるか???

まぁ、もう何度となく聞いたor自分で本やネットで仕入れた知識の繰り返しなんだけど。

ただ、公立の市民病院のため、めちゃくちゃ融通がきかない。
診察も平日のみで、土曜・日曜・祝祭日は診察してないし。
体外受精で毎日注射を打つ必要がある場合、平日以外はその病院の救急救命センターで受けるんだとか。
それはまだいいんだけど、土日祝祭日やってないもんだから、採卵は月〜水のみ。
新鮮胚を戻す場合、基本的に採卵日を1日目と数えると3日目に胚移植(4〜8分割胚)することになる(この病院の場合ね)んだけど、木曜日に採卵すると胚移植は土曜日になっちゃうからNG、金曜だと日曜になるからNGってこと。
だから、卵胞を育てる段階から、薬や注射の量を調節して、月〜水に採卵できるようにコントロールするんだって。
だから、同じ理由で胚盤胞移植(4〜8分割より更に2日多く培養して胚盤胞の状態にしての移植)もやってないとか。
月曜日に採卵しても、移植日が土曜日になっちゃうから。
めっちゃ融通利かない。

それから、採卵の36時間前にhCGの注射が必要だけど、総合病院は午前中診療なので、14時からしか採卵を行ってないんだって。
で、14時の36時間前って言ったら…前々日の午前2時(真夜中)に注射打ちに病院内の救急救命センターに行くんだよ?!
ありえない〜っ。

それと、採卵日を月〜水限定にするためにコントロールしているせいか、成功率が不妊治療専門に力を入れている病院に比べるとやはり劣るみたいで…。

ちょっとここの病院では体外したくないなぁ…。

やっぱり、融通の利く個人病院探すか、他の総合病院の詳細も調べようかなぁ…。


そんなことを思いながら、面談は終了、主治医の診察。
面談したんだよね?わかった?じゃぁ、(本当に体外を)するかどうかご主人と相談して。とだけ言われて終了になりそうだったので、先週右の卵巣が50mmに腫れてるって言われて、今日も内診だと思ったのですが…と言ったら、忘れていたのか?あぁ、じゃぁ見てみようかと…。
うぉ〜ぃ…。(汗)

結果、右卵巣42mm。
前回より少し小さくなっているけどやっぱり腫れている状態でした。
基礎体温も上がっていないし、このまま排卵も生理も来るとは思えなかったので、一度生理を起こしたいと言ってみたんだけど、何もせずあと2週間様子をみて、2週間後にまた来てくれとのこと。
納得できない…。
だって、今日生理周期23日目だよ?
今から注射や薬で生理起こしたら、ちょうど28〜30日周期でリセットできるのに、後2週間様子みて、それから強制的にリセットさせるかどうか検討するなんて、今周期一体何日周期になるのよ?!
2週間無駄にするだけじゃん。

積極的な治療はしない方針なのか…頼りにならないです…。(><。

また転院先探そうかなぁ…。
妊娠系コミュ見てると、(産)婦人科のみの個人病院だと、元旦から採卵したとかいう書き込みもあったりするし、融通利いたトコ方がいいよなぁ…って思っちゃうよ…。

はぁ〜っ。
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

総合病院へ→卵胞チェック

あけましておめでとうございます。
今年も赤裸々に赤ちゃん待ち日記を書いていこうと思います。
愚痴愚痴書くと思いますが、今年もよろしくお願いします〜。


生理周期16日目。
今朝の体温36.55℃。

2009年最初の通院をして来ました。
生理周期16日目で、今周期初めての卵胞チェック。
普段、排卵は18〜21日目頃が多いので、まだ排卵はしてないだろうなぁ〜と思いながら内診台に上がりました。

実はこの病院での内診は今回が初めて。
この病院は、患者側にモニターはなく、エコーの映像が見れませんでした。
いつもモニターを見て、卵胞や内膜の大きさを自分でも確認して書き留めていたのに、この病院じゃそれは出来ないんだなぁ。

で、内診の結果…。

・卵胞は確認できず。
・右の卵巣が50mmに腫れている。
・原因は不明。

と言うことでした…。

えっ?!何?何???
ってショックでした。↓

今まで、クロミッド+hMG+hCGで卵巣が腫れたことはあったけど、今回はクロミッド1日2錠×5日間だけだし、今までクロミッドだけじゃ腫れたことなんてなかったのに。
そして、卵胞が確認できないので、卵胞がたくさん出来ていて腫れているのではないということ…。

今まで、卵巣が50mmぐらいに腫れた時はおなかが張って、痛かったのに、今回は何も自覚症状がないんだよねぇ。
自分としてはエコーも確認してないし、えっ?本当???って感じ…。

今回がこの病院での初内診だったので、いつから卵巣が腫れているのかも特定できないらしい…。

プラスに考えると、排卵直後で卵巣内の卵胞が確認できなくて、排卵時の卵巣からの出血の影かも知れないとのことだけど、基礎体温も上がっていないので何とも…。

マイナスに考えても仕方ないので、排卵直後だと考えて、今夜タイミングを取ろうかなと思います。
(基礎体温はまだ低温期だけど、いつも排卵してから数日経たないと基礎体温が上がらないので…。)

とりあえずは様子見と言うことで、採血とか検査もせず。
次回は1週間後の1/15(木)12:15〜です。
その前に9:00〜IVFコーディネーターの方との面談を入れました。
夫婦で…と言われていたけど、1月はコウ休めそうにないので、やっぱり一人で受けることにしました。

今周期、年末年始を挟むから体外はできなくて、せめてAIHを…と思っていたけど、それすら無理かも…。

チャレンジすら出来ない周期が3周期も続くと凹むわぁ。


**16:20追記**

手元にあった海外製の排卵検査薬を試してみました。

終了線より薄い線が出ました。

内診の結果、卵胞はなかったので、排卵前ではなく、排卵検査薬が反応するLHサージのピークを過ぎたところ(排卵後)の弱陽性反応なのかも知れません。
そして卵巣の腫れのように見えたのは、排卵時の出血の痕跡か、排卵後の黄体なのかも?

内診と排卵検査薬の結果を見ると、今回は少し排卵時期が早まったのかな?と思ってみたり。

やっぱり今夜タイミング取るのが妥当かな☆
posted by なつ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。