2009年07月07日

出産する病院を考える。

3つの総合病院でドコにしようか迷っていたけど、だいたい決めました。

それぞれのメリット・デメリットを考えたら迷うけど…。


3位 市民病院

メリットは一番安い!さすが市民病院??
35〜40万ぐらいじゃないかなぁ?
地域周産期医療センター指定。


2位 厚生病院

病院の統廃合で、二つの病院がひとつになった大型の病院。
09年5月にオープンしたばかりでとってもキレイ。
産科病棟だけかどうかわからないけど、相部屋でも病室にトイレ完備、個室はシャワー&トイレ完備かな。
実家&おかんの職場から一番近くて来てもらいやすい。
おかん曰く、会社の昼休みと仕事終わってからと1日2回でも来れる、と。
…それは来過ぎってモンじゃないの???(苦笑)
料金は45〜50万程度。
周産期医療センターの指定はないけど、NICU完備。
産後の1ヶ月検診とか考えると実家からもうちからも近い方がいいのかなぁ?
ちなみに、統廃合する前の病院の1つは持病などで小さい頃からよくかかる病院だった。


1位 日赤病院

大型総合病院で県で唯一の総合周産期医療センター。
ここも09年1月にリニューアルオープンしたばかりのところ。
1度見に行ったことがあるけど、中はホテル並みにキレイ。
ここも病室にトイレやシャワーあり。
何より、一番ここに惹かれた理由は、なつが理想とする出産がここでならできそうってコト。
昔から、あまり医療の介入のない助産院とかで自然に任せて生みたかったんだけど、持病があるから諦めていたんだけど、ここの病院は分娩台でドラマみたいなお産じゃなくて、フリースタイル分娩もできるし、妊娠28週以降、順調なら助産師外来もあるんだよね。
先生だとあっという間に終わっちゃうエコーとかもゆっくりいろいろなところを見せてもらえるみたいだし、不安なことや愚痴なんかも聞いてもらえるらしくて、いろいろマイナスに考えちゃうなつにとってはいいかな〜って。
ただ、ここのデメリットは実家から一番遠いのと、料金。
49〜59万だそうな…。個人病院並みに高いわ…。


3ヵ所とも出産後は母子同室が基本で(出産後体調が悪かったり疲れたりしたら預かってもらえるし、市民病院は夜は病院預かり)、母乳哺育推奨らしい。

で、厚生病院と日赤病院で悩んでて。
おかんをはじめ、家族や友達の来てもらいやすさなら厚生病院だろうな〜。
でも、自分の理想とする分娩スタイルは日赤病院…。
日赤病院だと義両親は一番来やすいかな。O家(コウ実家)の初孫だし。
なつの気持ちは日赤病院にメッチャ傾いてるんだけどね。

みんなはどうやって病院決めてるんかなぁ??
posted by なつ at 13:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なつさん、こんばんは☆

mのトピで拝見しましたが、タイノウ確認できたんですね!!
よかったですねぇ(嬉)

来週は心拍確認なんですね^^


次々と関門を突破されているなつさんがまぶしいです☆
私も次に続けるように、がんばります^^


それから、AIHのトピの書き込みも読みました!
とっても詳しく書いてあって、参考になりました。


実は勤務の都合、病院を変わることになりそうです。。
いまは上司に遅刻する旨、連絡すればよかったんですが、来月からシステム的な勤怠チェックが入るため、遅刻が続くとまずいのです。。
なので20時まで開いている病院に転院する予定です。(そこが体外が成功報酬の病院です。千葉の個人病院です)
実際、転院してみて、すぐに体外にチャレンジするかどうするか決めようとは思っているんですが。。
でも転院する前は少し治療をお休みしようかとも考えていたり。。

・・・と個人的な相談みたいなこと書いちゃってすみません(汗



暑い日が続いていますので、お体ご自愛くださいませ♪
Posted by Sawady♪ at 2009年07月10日 20:22
>Sawady♪さん

ありがとうございます。

無事、胎嚢と卵黄嚢を確認することができました。
来週は胎芽と心拍が見えるといいのですが…。

AIHのトピも見て下さったんですね。
あそこのコミュ、あちこちにうるさいぐらいカキコしてるから…。(苦笑)

お仕事しながらの治療は大変ですよね。

ステップアップも不安だけど、治療を休むのもなかなか決断できませんよね。

旦那さんとよく話し合って、Sawady♪さんご夫婦にとってよりよい選択ができるといいですね。
Posted by なつ at 2009年07月11日 11:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。